抗がん剤治療も終了し、先月の25日に手術しました。

一応全てのガンを取り除くという手術です。

胃のあたりから、おへその下、10cm以上の傷です。

なんとか普通に生活できるようになったのが今日。

23日もかかりました。

手術後2週間で退院したのですが、それから10日は家で寝たきりです。

ここまで大変とは思いませんでした。

それでも、どうしても早く退院したかったので、手術の翌日には歩きましたよ。


子宮や卵巣を摘出しただけじゃなく、他の部分に転移していたガンの残骸も取ったのですから、あちこち痛い。

特に今が冬というのも関係しているかもしれない。

寒いと痛みも強くなるような気がします。


手術は、腸も一部切除しなくてはならないかもしれなくて、その部分によっては人工肛門になるかも・・・とも言われていました。

幸い、腸すらも切らずに住んだので、これでも軽い方だったといえるでしょう。

でも、検査などで入院からあまり食べ物を食べさせてもらえていなかった私は、手術後お医者さんに、ずーっと空腹を訴えてましたww

点滴売ってるから、普通の人だったら耐えられるのかもしれないんだけど、私はとにかく空腹が辛かったです・・・


退院してからは、体の循環の度に辛い思いをしてました。

3週間、ほとんどご飯を食べられなかったので、まずご飯をちゃんと食べることができない。

あとは、腸にものがあると具合が悪い。

いつも大の方をしたい感じがしている・・・・などなど、本当に不快感でいっぱいでした。

その他に中と外の痛みでしょ。

本当に辛かったです。


病人になって、「ちゃんと食べてちゃんと出す」

これって、あたりまえだけど、ものすごく健康な証拠だということがわかりました。

病気になると、あっという間に普通にトイレ行くことすらもできない体になるかもしれないです。

私はたまたま人工肛門にせずに済みましたが、手術後、人工肛門になった人もたっくさんいます。

また、手術中に膀胱に傷がついて、ちゃんとおしっこができなくなったりとか。


多少辛くても普通にトイレに行けるだけ幸せだと思って、頑張りました。


手術後、元気になるためのキーワードは、「適度な運動」です。

痛いから、だるいからといって、寝てばかりだと良くならないみたい。

少しくらい無理でも、歩き回れば、だんだん体力は回復していきます。

私も昨日少し歩きすぎたかな・・・と感じ、その後具合が悪くて寝ていたのですが、今日になってすごく良くなりました。

そんな風に一進一退を繰り返して、回復していくんですよね・・・きっと。





コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 手術終了〜 | 美貌記録. All Rights Reserved.