JUGEMテーマ:闘病記


私のガンは卵巣ガンなので、ガン専門病院の婦人科にかかっています。

同じ婦人科でも、様々なガンがあり、治療法もさまざまです。

さらに、そのガンの種類によって、いろんな治療法があるので、

抗がん剤の種類や組み合わせなんかもまちまち。

一概に、抗がん剤治療はこんなか感じですとざっくり言ってしまうことはできないですが、私の実体験では、こんな感じということでお話したいと思います。


抗がん剤治療のポピュラーな形は、1週目に抗がん剤を投与し、3週間休むというものです。

抗がん剤をうつのは1回です。

抗がん剤をうってすぐの吐き気は止めることができる薬があるので、スグに吐いてしまうというような人はいなくなりました。

「抗がん剤でガンを叩く」という言い方をしますが、これはとても合ってると思います。

3日目の夜くらいから、ガンを叩いて退治しているような感覚が始まります。

レーザーで叩きながら焼いているような感じです。

4日目は、その結果、消化器などがやられてしまい、吐き気などが起こります。


ガンは、毎日増殖するような細胞なので、これを退治するために、自分の元気な毎日生まれるような細胞がやられます。

例えば、爪や髪、肌、消化器など。

ウンチは、ほとんどが腸が生まれ変わったあとのカスだそうです。

そのくらい毎日生まれ変わってるということです。

ここがやられるので、胸やけに似た症状や、ひどくなると吐き気がでたりします。

髪は、脱毛の副作用のある抗がん剤があるということです。

そういった副作用のない抗がん剤もあります。


私は、1度全部うって2週休んだことがあります。

その後は、抗がん剤を3週に分け、毎週うつという方法で治療しています。

この抗がん剤を投与し、休みの期間を入れて、ワンクールと呼びます。

症状によって、3回〜6回というのが一般的です。

なので、最もポピュラーなうちかたで、6回やるとすれば、約半年かかるということですね。


抗がん剤を投与したあとの吐き気は止められているのでいいですが、

3日目以降くる吐き気は、とりあえず止めるものはないです。

我慢我慢というわけです。

これに備えて、体調を整えておくのは大事かと思います。

私はこの日に便秘がひどくなり、浣腸したりして無理をしたら、吐いてしまいました。

そのせいかどうかは分かりませんが、吐くとその後の回復が遅くなります。

辛い日が長くなるので、気をつけたいです。


抗がん剤治療で辛いのが味覚障害です。

しびれがくる抗がん剤もあるので、それと重なると何を食べているのかもわからなくなります。

味覚障害は、私は5%食塩水でうがいすることで、かなり緩和されてます。

これは、抗がん剤治療あるなしにかかわらずとにかく毎日続けることです。

口内炎の予防にもなるということです。


食べ物が食べられないと、辛さが重なってしまうので、なるべく食べられない日を少なくすることが大事。


私の主治医は、点滴とかに頼って病人になってはダメと言いました。

なるべく、自分の力でなんでも食べて、スムーズに出して。

こんな普通のことを営むことが大事なんだなって思いました。

最初は、病気も重かったので、本当に辛かったです。

でも、以前、小説で、死を受け入れるのは楽、生を受け入れるのは辛いと書いてあったのを思いだしました。

死の淵スレスレで、食べ物を口に入れるのは本当に辛いことです。

でも、これを乗り越えることだけが生への道なんです。


私が、どんな状態でも食べれたものは、オレンジでした。

抗がん剤をうつと、苦味が強く感じられるようになり、食道もやられるため、ご飯などを食べるのは至難の業。

オレンジはもしかして、ちょっとした苦味がありながらも甘いという特徴があるのかも。

みずみずしく水分もとれるし、甘くて舌にも優しい。

3日目、4日目は、オレンジは夜中でも起きてお腹がすいている時には何度でも食べます。


あと、永谷園のお茶漬け。

これを冷やし茶漬けで食べます。

何故か永谷園のお茶漬けの味は変わりません。

お腹を満たすという理由だけなら、ご飯のみでも構いませんので、とにかく食べます。


それから、海苔。

海苔の味も変わらないです。

4日目の吐き気がおさまったら、おにぎり攻撃が始まります。

混ぜ込みわかめや、昆布の佃煮など、海藻類の塩気の強いものでおにぎを作り、海苔を巻いて食べます。

これは本当に食欲がわきます。


おさまると、俄然食欲が出てきますが、暴飲暴食はやめましょう。(当たり前)

吐いてしまった時などは、なるべくお粥などからスタートした方がいいかもしれません。

抗がん剤治療をしていると、やたらと冷たいものが食べたくなります。

夏ということもあり、アイスを3つ食べて、体を冷やすような格好をしていたら、お腹を壊しました。

しかも、出ない下痢。

本当に辛かった・・・


抗がん剤治療だけでも辛いので、辛いことはあまり増やさないように気をつけたいです(^-^;;








コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 抗がん剤治療とは?(実体験より) | 美貌記録. All Rights Reserved.