ヘアケア特集

ピュアリッチパーフェクトって何?

ピュアリッチパーフェクト

以前使ってみた、トリートメントタイプのヘアカラー ピュアハーバルヘアカラー100がリニューアルされたとか。

以前の記事はこちら⇒

ピュアハーバルは、「キッチリ染まる」と言う感じではなく

「白髪ぼかし」と言う言葉がありますが、まさにそんな感じでした。

マニキュアタイプのものはだいたいそうですよね。

パッと見、染まったようには見えるんですが、1本1本きっちり染まってるわけじゃない。

納得する染め上がりになるまで、約1本消費してしまうという感じ。


今回買ってみた「ピュアリッチパーフェクト」は、ピュアハーバルヘアカラー100の進化版。

キレイに染まるように改良したものです。

あまり買う気はなかったんですが、説明を見ていたら、欲しくなってしまった・・・・

 

ピュアリッチパーフェクト 体験してみました

ピュアリッチパーフェクト使用前

こちらが染める前。

2週間前に染めたスティーブンノルの白髪染めが少し明るすぎて失敗。

色選びは難しいです。

染めムラもあるため、白髪は、0.5cm〜1cm程度伸びている部分もあります。

 

ピュアリッチパーフェクト使用後

1回染めた後の髪です。

少し明るめではありますが、1本1本にきちんと色が入ってる♪

 

ピュアリッチパーフェクトは、きちんと染めるために「独自の特許技術」を使っているそうなんです。

アミノ酸を使ったペーハー調節で、どんな髪質でも染まりやすくなったんですって。

さらに、超微粒子の色素を使って、髪の中に浸透するようになったらしい。

 

染めた後は、ツルンとした感触だし、1度でこれだけ染まれば大満足かな。

 

ピュアハーバルヘアカラー100は、「素手で使える」なんていうのがキャッチフレーズだったんだけど

ピュアリッチのほうは、素手だと、爪などに残る可能性があるので、手袋着用でやったほうが良いとのこと。

ただ、一般的な白髪染めやマニキュアよりはかなり扱いやすく、

顔の周りや手に少しくらい付いても、洗えば簡単に落ちるので便利です。

 

普通のトリートメントのような固さがあるので、周りに飛び散る危険もないですし

お風呂で洗い流せるのでとにかく簡単。

 

染め方は、お風呂に入る前に塗布して、湯船に浸かって、トータルで30分くらい放置。

キャップを被り、ドライヤーで温めたり、湯船に浸かったりすると染まりが良くなります。


今回は、「ダークブラウン」を使ってみました。

私的には、もう少し暗く染まっても良いかなー。。

染まり方が、ちょっと、ヘナに似ているかも。

白髪の部分がキラっとしたオレンジに近いブラウンです。

重ねていくと、濃い色に染まっていくのでしょうね。

部分染めなので、たっぷり使えそう。

1本使ってみて、リピするか考えます♪

 

ピュアリッチパーフェクト口コミ|実際に使ってみました!(体験談)

 

応援お願いします♪↓
  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

 

| 2013年02月13日 | ヘアケア特集 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 染まりやすいトリートメントタイプのヘアカラー♪ | 美貌記録. All Rights Reserved.