JUGEMテーマ:コスメ


サキナ ラエヴァ
SAQINA RAEVA


「高級化粧品」というので、資生堂やディオールなどの超高級化粧品ラインを想像した人はスイマセン。

SAQINAの、新エイジングケアライン。「RAEVA(ラエヴァ)」です。


このくらいで、高級化粧品というかな?

今まで使っている化粧品の倍のお値段。(化粧水で7,400円)

クリームに至っては、18,000円というので、高級の域に入ると思います♪


そろそろ、今までの化粧品だと少し物足りないかも〜・・・なんて思い始めていたし、

なんといっても、乳液の復活!


現行ラインから乳液が消えて、どんだけ苦労したか。

乳液好きのenishiとしては、クリームだとテクスチャーが嫌いだし、

ほかのどのブランドのどれを使っても気持ちよくなくって、

めんどうだから、化粧水オンリーで終わらせたり(^-^;;


「SAQINA」は、あまり評判のよろしくない、扶洋の新しい名前。

enishiは、美顔器をもう15年くらい愛用しています。

もちろん、化粧品も。


化粧品は不満があったわけじゃない。

今も無い。

化粧水なんかは、本当に、クリームなんかなくっても潤う。

ほかの化粧水では経験したことのない保湿力です。


ただ、なんか、欲しいじゃないですか、もっと美しくなる何かが。

期待感とか、即効性とか。


ただね、このRAEVA、「アンチエイジング」ではなくって、「エイジングケア」化粧品なんだとか。

年齢に抗うのではなく、年齢に応じたイキイキとしたお肌をサポートするという感じですかね。


SAQINAがこだわっているのは、天然系の成分を配合するということ。さらに、酵母由来成分、ビタミン類、高機能成分などを配合してある。


裏面を見て、少し調べてみましたが、

クリームに配合されている成分として、


イソステアリルアスコルビルリン酸2Na。これは、超浸透型ビタミンC誘導体、Funcos C-IS。水溶性・油溶性のビタミンC誘導体というのは、皮膚への浸透およびビタミンCへの代謝性が低いんです。

ビタミンC誘導体を皮膚につけたとき、何かと結びついて、ビタミンC+とある物質・・になるのですが、

この、何かと結びつく何かが少ないと、いくらビタミンC誘導体を使っても、皮膚でビタミンCに戻らないですよね。

Funcos C-ISは、皮膚内に多く存在する酵素(ホスファターゼ)を利用しているので、その効率が良いんだそうですよ。

また、熱安定性が非常に優れ、水・油との相溶性が良い両親媒性ビタミンC誘導体です。



アルガニアスピノサ芽細胞エキス。

これは、真皮幹細胞の成長・増殖を助け皮膚の最深部からアンチエイジングを促す画期的な成分なんだって。


ほかには、セラミド2、 ヒアルロン酸、 ローヤルゼリーエキス、 CoQ10、ダイズイソフラボン、サッカロミセス培養溶解質液(酵母エキス)、コメヌカスフィンゴ糖脂質(セラミド)などなどたくさん。


あんまり聞いたことない成分に「モウソウチクたけのこ皮エキス」というのがありました。

なんだろうこれ。

モウソウチクは、「孟宗竹」と書くらしい。

よくわからないので、また今度♪


応援お願いします♪↓
  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

旬の服コーディネート★キレイになりたい⇒

| 2012年10月16日 | 魅惑のコスメ | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 高級化粧品♪ | 美貌記録. All Rights Reserved.