半年くらい前に購入したスティーブンノルのヘアカラーを使ってみました!

何で今まで使わなかったかというと、色を5Bで買っていたのですが、その後、少し黒すぎるんじゃないかと思って、もっと明るい色を買って染めていたんです。

カネボウのシャステートを買いに行くと薦められるのはグリーン系のけっこう明るめの色。
それで何度か染めたのですが、たっぷり付けてきれいに染まるところもあるのですが、分け目から少しずれると、やっぱりたっぷり付けていないらしく、美容室で染めた部分と自分で染めた部分がはっきりと分かるところがあったので、もうちょっと濃い色で一度染めてみようかな?と思ったのがきっかけ。

きっかけ。。

も、何も、自分で濃い色がいいと思って買ってあったんだから、いつかは染めようと思っていたんですが。

スティーブンノルのヘアカラーは、液体の1剤にクリームタイプの2剤(逆かも)とにかく、液体のものにクリームを混ぜて、この2つの中間あたりのとろみの薬剤を作ります。

これをボトルから、直接出しながら髪に塗っていくのですが、これが意外とやりやすい!!

クリームタイプだと、ブラシで付けていくときに、けっこう手がだるくなるんですが、スティーブンノルのは、柔らかめの薬剤が出てくるので、それを手でなじませていくだけなんです。

しかも、ケープ、手袋、くし、染めた後のトリートメントまで付いてくるので、とっても便利♪

以前は、カネボウのシャステートもこの液体のタイプがあったんですが、廃盤になったんですよね。。残念です。。

しかも、トリートメントはしっとりだし、スティーブンノルの製品とほぼ同じよい香り。。

でもー。。染めた後の髪の毛が少しごわついていた。

カネボウのは、そういうの、全く無かったからな〜〜。。。

>>15%OFF SALE スティーブンノル ハイドロシャイニング ヘアカラー 
| 2010年06月16日 | ヘアケア特集 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) スティーブンノルのヘアカラー | 美貌記録. All Rights Reserved.