12月にディオールのアイシャドーを買ったのですが、どうもいまいち使いこなせない・・・ということで、リップグロスを買う予定もあったので、ディオールのカウンターに行って、使い方を再度習うことに。

サンク クルール デザイナーの記事

全体的に、サラッとしたパウダーというよりは、しっとり系のアイシャドーで、さらにこのパレットには、練りアイラインが付いているのですが、それが今ひとつ上手に使えない。。

ひとつひとつ乗せていっているにもかかわらず、仕上がりは「なんか汚い?」といった感じに。。

ディオールではアイシャドーを使って、説明しながら付けて下さいました。
さらに、試したかった口紅も付けてくれました♪

アイシャドーの使い方ですが、これがけっこう勉強になりました。

たぶんパウダーを使い慣れているので、練り系の意味がよくわかっていなかったんですよね。

色を乗せるというよりは、光を乗せるといったものもあるので、同じような感覚で使っていると、けっこう謎に思うこともあるみたいです。

色を乗せる順番とか、手持ちのパウダー状のアイシャドーでも通じるものがあって、4色とか5色入りのアイシャドーの意味が理解できたという感じがしました。

ということで、そのとき美容部員の人がさり気に使っていた、アイライナー用のブラシを購入。平たいブラシで、シャシャっと横に引いていきます。

ディオールのアイライン用ブラシ


たまには、化粧品のカウンターで、お化粧してもらうのもいいですね・・・と言いたいところなんですが、これがどこでも良いというわけでもないんです。

できれば、ディオールでやってもらって欲しいです。

とにかく他のカウンターとは一味違います。

ライティング、鏡、サンプルの質などありとあらゆる物がゴージャスで、こういうのを楽しめるのも女性の醍醐味だと思うからです。

化粧品のカウンターで自分の顔を見ると、シワやたるみ、生際などが気になったりすることが多いです。
化粧品だけでなく、アクセサリーなどもそうです。
ピアスを買いに行って、ピアスを付けてみて鏡を見たら、なんとなく髪の毛がパサパサ・・・とか、なんかピアス買うより他のもの買ったほうが良いんじゃない?って思わされます。

でも、それじゃーだめですよね。。。。(お店としては)

ディオールの鏡は、いつもの自分より1.5倍くらい美しく見えます♪

「それはそれでどうなの?」って思うかもしれませんが、要するに、「見せようによっては、1.5倍美しくなれる」ということが分かるんですよね。
今の悪い所を修正するっていうのもアリかもしれませんが、モチベーションとしては少し弱いと思うんです。
やっぱり、1.5倍・・・いや、倍くらい美しくなれるかもしれないと思って努力するほうが楽しいかな♪
| 2010年05月18日 | goods♪ | comments(0) | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
Copyright (C) ディオールのアイライン用ブラシ | 美貌記録. All Rights Reserved.