ネイルオイル


リムーバーを使って甘皮を柔らかくして、ルーススキンやささくれなどを処理するというのがネイルケアの大きな流れですが、これはネイルサロンでできますが、自分でもすることができます。

ケアセットなども売られていますし、ガーゼなどを使って、お風呂の中で柔らかくなった甘皮を押してあげるだけでもキレイになります。

ですが、ネイルケアでけっこう大事なアイテムがこのネイルオイルです。

ネイルオイルを使うのと使わないのとでは、爪周りが劇的に違います。

ネイルオイルを使うことで爪の輪郭がはっきりとしてきて爪の存在感が増します。

使い方は、カンタンで、オイルは通常マニキュアと同じようなボトルに入っているので、ブラシで爪の周りに塗るだけです。

付けてから軽くマッサージして、わたしはすぐに洗い流してしまいます。
でも、これだけでも全然違います。

指先は思っている以上に乾燥しているので、オイルを使って保湿するのが大事なんでしょうね。あと、爪にももちろん良くて、弾力のある爪になるので割れにくくなったり、あと縦線が入っているのは乾燥なので、オイルを根気強く使うことで、改善されてくると思います。

写真にあるのは、有名なイージーフロウのネイルオイルと、お土産でもらった花の香りのするオイルです。

オイルは独特のにおいがあるので、少し香りが付いているほうが使いやすいかもしれません。

あと、人気が高いのは、クリエイティブのソーラーオイルです。

>>ソーラーオイル 1/4oz(約7.5ml) (サロン専売)
| 2010年02月08日 | ネイルnail特集 | comments(0) | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
Copyright (C) ネイルオイル | 美貌記録. All Rights Reserved.